2017/09/21

スリットスキャン技術を用いた映像は新鮮!作り方の解説はこちら

 
MUSIC SAVES TOMORROW

この記事を書いている人 - WRITER -

辻川幸一郎監督が制作したステーションID。

「スリットスキャン」と呼ばれる映像効果を使ったスペースシャワーTVのキャンペーン「MUSIC SAVES TOMORROW」のステーションID

60年代、70年代にポピュラーだった技術らしいのですが
今見ると新鮮なんですよね。

いつか使いたいなぁと思いつつまだ作品に反映できてません。

最初モーフィングなのかなと思いAftereffectでも作れそうですが、
撮影から時間が有れば撮れれば楽ですね。

色々探してみたところこのステーションIDに辿り着いた。

「スリットスキャン」というのは、映画「2001年宇宙の旅」のラストあたりに登場するサイケデリックな映像や『スタートレック』に使用された撮影技術。

コンピュータ・ア ニメーションの父と言われるジョン・ホイットニーが「2001年宇宙の旅」の撮影にあたって生み出した技術。
(ちなみに彼はモーション・コントロール・システムを開発した人物)
http://en.wikipedia.org/wiki/Slit-Scan_photography

 

スリットスキャン撮影方法だが、まずスリット状に切れ目を入れた黒い紙をカメラと被写体の間にセット。

被写体の後ろからライトを当て、カメラ を開放しスキャンするようにスリットをずらしていくとスリットの間から漏れたイメージだけが撮影される。

被写体が曲がるイメージは、スリッ トを動かす際に、位置や時間をずらしていくと曲がっていくみたいで面白そう。

 

ちなみに少し説明すると、

slitscan1

こんなに大雑把ではないですが走査線レベルで細かく横に切る。
上の方が時間が早く下のほうが時間が遅くずらして行くことで歪ませているということです。

 

Aftereffectでやる際のチュートリアルはこちら。



 

時間置き換えフィルタを使ってmapにグラデーションを当てるのですが、
最低60P(普通1秒間30枚の画像で映像を作るところ、60枚の画像で映像を作る)とかで撮影するのが前提。

とにかく30fpsよりも1秒間を細かく区切れるモードで撮影します。

環境がなければ「twixtor」というハイスピードが作れるAfterEffets用のプラグインを使ってやらないと綺麗になりません。
あとはグラデーションの幅を持たせるために16bitで作業しましょう。

他にも使っている作品はあります。

 

Vital Signs – Midnight Juggernauts



 

Muse – Unintended

 

Slit Scan-Stephen Boehnemann



 

timeRemapExportHD-Adrien M/Claire B



ちなみに今だと、簡単に作るなら1.99ドルで販売されているマック系アプリ「Slit-Scan Movie Maker」で作成できる。

 

それを使って制作したのがこれです。



思ったとおりの動きは難しそうだが雰囲気は作れます。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© Motionmapping , 2014 All Rights Reserved.