3MkjTo00xSNcBhJlr0l7KEEmIIHyYVEgDoCFPuuyjTM
TIPS

C4Dでアンビエントオクリュージョンをベイクする。Cinema 4D:Bake Ambient Occlusion

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

cinema4dでアンビエントオクリュージョンを追加する場合、特にアニメーションの場合それなりにレンダリング時間が長くなります。

その場合はベイクを使ってしまった方が楽です。
テクスチャとしてオブジェクトにオクリュージョンを貼付けてしまうという事です。
アニメーションの場合気になるもわれ(パカパカ)も無くなります。


まずは適当なオブジェクトを配置してます。
これにレンダリング設定で特殊効果からアンビエントオクリュージョンを追加する。

設定は特にいじってません。
140702_1

オブジェクトタブからオブジェクト、オブジェクトを焼成を選択。

140702_2

設定画面が出るのでアンビエントオクリュージョンにチェックを入れ、パス(任意の保存先)を指定して上げます。

140702_3

そうするとオブジェクトが複製され、アンビエントオクリュージョンがテクスチャとして張られているのが分かります。

レンダリング設定画面でアンビエントオクリュージョンを外しても効果が得られています。

テクスチャとしてオクリュージョンが貼られているので非常に高速になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*