2017/10/04

1分で簡単にできるAftereffectでループ素材を作る方法

 
aftereffect-roop

この記事を書いている人 - WRITER -

Aftet Effectsでループアニメーションを作ることはよくあると思いますのでご紹介します。

めっちゃ簡単なので誰でもできる方法です。


エクスプレッション(スクリプト)を使う

一番簡単な方法は、エクスレッションと呼ばれるAftereffect内のスクリプトを使う方法です。

エクスプレッションは初心者だとあまり使わない人が多いかもしれませんが、簡単なので是非覚えておいて損はありません。

今回は3枚のイラスト素材を使ってご紹介します。

 

素材を読み込みコンポを作成

素材を読み込みます。

今回は、コマ撮り用の3枚のイラストを読み込んでます。

 

aftereffect-roop1

 

コンポに素材を読み込んで、コンポ内でアニメーションを作成。

aftereffect-roop2

 

動画はこんな感じです。



 

タイムリマップを選んでエクスプレッションを入力

2秒のアニメーションができたので、ネスト化して10秒のコンポにします。

ループアニメーションさせたいコンポジションを右クリックして、「時間」からタイムリマップを選びます。

aftereffect-roop3

 

タイムライン上でタイムリマップの項目を開きます。(macは⌘+u)

アニメーションから「エクスプレッションを追加」を選びます。

aftereffect-roop4

 

またはタイムライン上でストップウォッチのアイコンを(option+クリック)しても大丈夫です。

aftereffect-roop5

 

スクリプトを入力します。下記をコピペしてください。
loopOut(type="cycle", num_keyframes=0)

aftereffect-roop6

完成した動画はこちら



 

あとは再生エリアを引き延ばしてあげればループします。

 

最後に

以上で完成です。簡単ですので是非動画制作に役立ててください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© Motionmapping , 2017 All Rights Reserved.