駅にいる人が生きた彫刻に見えるスーパースローモーション撮影映像作品『 Stainless 』

 
stainless

この記事を書いている人 - WRITER -

駅を通過する列車の中から、ホームにいる沢山の人を高速度カメラ(ハイスピードカメラ)で撮影されている映像作品です。
単調なはずだが長時間でもじっと見てしまう不思議な余韻が残る作品だ。

stainless

まずどうやって撮影しているのかが分からなかったのですがどうやらハイスピードカメラを自作してプログラム制御しているようです。

通常のカメラが1秒間に24コマで撮影するところ、ドイツのOptronis社がAdam Magyar氏に使用を許諾してくれた産業用の高性能高速度カメラでは、1 秒間に10万コマの撮影が可能。
このことにより超スロー再生が可能となり、細部の描写が損なわれないですむ。冒頭の動画は約12秒の撮影を11分以上の 尺に伸ばして再生している。
実際には動いている人物もほぼ静止しているように見えるのはそのためだ。


撮影風景や機材はこちらの取材記事から確認できます。
Adam Magyar1

Adam Magyar3

Adam Magyar2

Adam Magyar4

Adam Magyar5

Adam Magyar6

この動画は、写真と動画からなるプロジェクト「Stainless」シリーズの一つである「Stainless / Shinjuku」という作品。

動画シリーズには新宿の他にニューヨークのGrand Central station、ベルリンのAlexanderplatz station、韓国ソウルの新道林駅をフィーチャーしたものがある。

Adam Magyar氏によって撮影されたこの作品はそれぞれ、

東京の新宿駅


ニューヨークのグランドセントラル駅


ベルリンのアレクサンダー広場駅



ソウルの新道林駅




があります。

Adam Magyar氏のオフィシャルサイトを見に行くと、この「ステンレス」映像作品以外にも静止画作品が公開されているので興味のある方はそちらの作品を見ても損はないと思います。

なぜ日本を撮影場所に選んだかの質問には
「日本は世界で一番好きな場所の一つです。多くの外国人が感じるように神秘性を感じているからというのは一つの理由です。あと日本人は物事をとても大切にします。それゆえ物事を完璧に仕上げようとするとするのが素晴らしいです」と答えている。

最後にのAdam Magyar氏の作品に対する思いを書いておきます。
「人間は一人ひとり等しく美しく尊い存在です。しかしともすれば、私たちが存在していること自体のすごさを忘れ、当たり前のことと思ってしまいがちです。 人生はあまりにも短いです。人々がいかに美しく生きていること自体が奇跡的なことであるかということを伝えたかったのです」

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© Motionmapping , 2014 All Rights Reserved.